FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライムVSディアクリスタル

スライムがあらわれた。
スライムがあらわれた。
スライムがあらわれた。

「あなた達ね、最近みんなをびっくりさせているスライムは!!そんなぷよぷよして……可愛らしいけど、貴方達もクリスタルの輝きの前に沈みなさい!!」

スライム達は仲間になりたそうにディアクリスタルを見ている。

「な、なによ。仲間になりたいの?仕方ないわね、もうこれから悪事を働いてはダメよ」

スライムは嬉しそうに彼女にすりよってきた。

「ふふ、なんかこうしてみると。子供みたいね」

スライムたちはじゃれあうように彼女に登ってくる。

「こらこら、そんなに集まってきたら重くて倒れちゃうわ」

スライムたちはじゃれあうように彼女に登ってくる。

「うわ!!っいてて、お尻打っちゃった。なにするのよ」

スライムたちは嬉しそうに彼女に擦り寄ってきた。

「こら、何したいのあなた達」

スライムたちは嬉しそうに彼女の股間に集まってくる。

「ひぃ、な、何をするつもり。嫌な予感がする、逃げよう!!」

しかし回りこまれてしまった。
スライムたちは嬉しそうに彼女の股間のアーマーに潜り込み始める。

「ひぃ、冷たい!!気持ち悪い!!離れて!!」

スライムたちは股間の間に潜り込み始めた。

「ぎ、ひぃぃ!!私の、おまんこに、入ってくる!?」

スライムたちは嬉しそうにクリスタルの股間にどんどん入っていく。

「あ、かっはぁ!!む、無理……もうはいらな」

クリスタルは苦しそうに膨らんだ腹を抱えた。
スライムたちは彼女の中にいる。

「もぞもぞ、動いて……おほぉ♥やめて、動かないでぇ!!」

クリスタルのお腹が大きく動いた。

「出る、出るの!?」

スライムは嬉しそうに出てこようとしている。

「んごっほぉぉぉぉ♥おっきいのが生まれルゥぅぅ♥」

キングスライムが現れた。
クリスタルは放心状態だ。
キングスライムは仲間を呼んだ。
スライムがあらわれた。
スライムがあらわれた。
スライムがあらわれた。

「あは♥みんな私の中に入ってくるのね」

クリスタルは発情した。
スライムたちは嬉しそうにクリスタルに擦り寄っていった。



たくさんのキングスライムが踊っている。
彼女はその真中で横たわっていた。
すでにその身はスライムに汚染されつくしている。

「んふ♥もう何体もスライム産んで、私もスライムになっちゃった♥」

ディアスライムが現れた。
ディアスライムは嬉しそうに笑っている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヤドカリ

Author:ヤドカリ
基本的に要らんことをつらつらと書いてます
エロとか変脳とか悪堕ちとか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。