FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェリオン 即落二コマ ねばねば

「ネーバネバネバ……納豆のように粘ついて臭い納豆愛液(ネバーラブ)の味はどうだァ?エンジェリオン・サファイア」
「いひぃあ、くさいぃぃいいぃぃ。もげりゅぅぅう、鼻がもげておかしくなリュゥゥゥ」
「堪能してくれているようだな。ではそろそろ腋納豆汗(ネバーリキッド)で仕上げだ。ムレッムレの納豆腋で全身から納豆汗をだす納豆汗奴隷(ネバースレイブ)にしてやろう」
「むふぉぉぉぉぉ♥いひやぁぁぁ、リオ、逃げてぇ、きちゃだめぇぇぇぇ」
「ネーバネバネバ」



「見つけたぞ納豆汗怪人!!エンジェリオン・サファイアはどこだ!!」
「ネーバネバネバ、そのような奴は知らん」
「とぼける気か、それならぶっ倒して聞くまでだ!!」
「おお、恐ろしい。だが、まずは我が納豆汗奴隷を倒してもらわねばな」
「どんな敵があいてだって負けない……そんな、サファイア?」
「ネーバネバ」
「どうしたの、サファイア……私だ、エンジェリオン・ルビーだよ!!」
「くくく、無駄なことよ。こいつはもはや完全に私の納豆汗奴隷になった。お前の言葉なんて聞こえないわ」
「くっそー、それならお前をやっつけるだけだ!!くらえ、エンジェリックアッパー!!」
「脇が甘いぞエンジェリオン」
「なにィっ!?」
「未だ納豆汗奴隷、納豆口付(ネバーキス)だ」
「んぶっ!?っっぶふぁっ!!くっさ!!サファイアの口臭すぎる!!涎もベットベトで気持ち悪いよ!!」
「くくく、それはそうだ。納豆汗奴隷の体液はすべて私と同じ納豆汗。よく伸びるが上部でそして何よりすごく臭いぞ。ふふ、後ろから私も抱きついてやろう、全身からあふれる納豆汗でお前を絡めとってやる」
「あっふぁ、やめろ、臭い臭いんだからお前らぁぁぁぁ!!」
「それでは止めをさしてやれ納豆汗奴隷……いや、ネバリオン・サファイア。お前のむっちりしたケツで挟んで納豆腸液(ネバードリップ)を前進にまぶしてやるのだ」
「え、うそ……ねえ嘘よねサファイア。そんな所で私の顔っほぉぉぉん♥ネーバネバー♥ネッバネバでクッサイ腸液溢れてルゥぅぅ♥顔も頭もそれでコーティングされちゃうのぉぉぉ♥」
「くくく、これで私の手駒がまたひとつ増えたってわけだ。ネバリオンたちよ、私のために頑張っておくれよ」
「ネーバ♥」

ディアクリスタル 即落二コマ 痴女

「あなたね、近頃ちまたで噂の痴女怪人は」
「痴女?ふふ、そんなことはないわ。私はそう、私の役目を全うしているだけ」
「訳の解らんことを言うわね。そのコートに下に隠された卑猥なものをクリスタルの輝きで照らし出してくれる!!」
「あら、べつにあなたに照らしだされないでもこちらから出すわよ。ホラ」
「ちょっ!!いきなりコートをはだけって……大きい……」
「そうでしょう、これが私のビッグマグナム。ね、こんな素敵なものを持っていながら女を犯さないのは罪ってものよね」
「あ、ああ……うん、これは……そうだな……」
「ふふ、目が離せないみたいね。ほら、触ってもいいのよ」
「え、本当に……?うわ、ありがとう……」
「ふふ、そうよ、たっぷりと精液が詰まった金玉も持ち上げてみて?」
「あぁ、重い……ずっしりしてる」
「これがあなたを孕ませるの。想像しただけで嬉しいかしら」
「うん、こんなすごいものに私ははらまされるんだって思うだけで、もう我慢出来ない」
「だーめ、まずはたっぷりと匂いをかぐのよ。あなたの中に入るものの形も重さも長さも匂いも味も、全部覚えるの」
「んあ、舐めてもいいのか!?ああ、なんて幸せなんだろう……うくぁ、据えた匂いで胸いっぱいだ……」
「それじゃ、中に入れてあげる。またがりなさい」
「うん、うん!!ありがとう、ありがとう!!ん、んふぁぁぁぁん♥ああ、私の中に大きい物がっはぁぁぁぁあああん♥うれしい、こんなに嬉しいのは初めてだ!!」
「さあ、たっぷりと出すわよ。今日はもう一日離さないんだから、そしてあなたの子宮を精液漬けにしてあげる」
「うん、もう離さいないでくれ!!私の体から精液のニオイがするまでずっとあなたのものを受け止めていたい!!私にあなたの子供を産ませて!!」

シエル 即落二コマ 変脳

「くっ、まさかそんな。こんな、変態たちにっ!!」
「チクチーン。埋葬機関といえども大したことないわね」
「ポコチーン。ええ、我々の敵ではないわ」
「パークキン。ちょっと拍子抜けというものです」
「くっ、舐められたものですね。あなた達のような邪悪にこの私が屈するとでも思っているのか。絶対に負けませんからね!!」
「ほほう、それではまずは私から遊んであげる。チクチン精液をあびるのよ!!」
「チックチーン!!私のおっぱいからおちんちんが!?ど、どういうこと」
「ふふ、それはね、こうやってシコシコしたらすっごく気もいいのよぉ」
「あ、っちょ……やめ、やめてぇぇぇぇっっっつぁチクチーン!!」
「あら、くっさいチクチン精液が出たわね。どろっと濃いわ」
「んふぁ、こ、この程度ですか……」
「まだまだこんなものじゃないわよぉそれじゃあ次は私のクッサイのぶっかけてあげるわぁ」
「ぽっこちーん♥んあっ、うそっ、私におちんちんが生えっ!?ああ、うそ。なんで私の手が勝手におちんちんを!?」
「ふふ、体は正直ね。気持いいの覚えちゃったのね……いいわ、たっぷり出しなさい。私もオナニーしてあなたのおかずになってあげる!!」
「あっく……なんで私、変態のオナニー見ながらオナニーしてるの……くあっっ、ポコ、チン、ポコ、チン♥うぁはぁぁぁぁあああん♥精液、ポコチン精液でるぅぅ♥」
「くふふ、こっちも濃いねぇ。ぺろりとなめたら発情しそう」
「あっふぇぁ……あふ、も、もう終わりですよね……」
「ふふ、良い体になったではないですか。ムッチリムチムチの鍛えあげられた体にチクチンポコチン生えて素敵な姿。それでこそ我が美術館に加わるにふさわしい。さあ、パクキンラヴジュースを浴びナサイっ!!」
「いやあぁぁぁぁぁぁぁ……パークキン!!」
「いいわ、素敵なパクキンポーズね。これならいいオブジェになるわ♥そうね、タイトルは埋葬機関の変態構成員チクポコチンチンパクキンシエルね。ふふ、アルクの横に飾ってあげる」

ディアクリスタル 即落二コマ 犬化

「あなたね!!最近動物を飼い慣らして街を荒らしているのは……カラスがゴミ袋散らかしてほんとうに迷惑だったんだから」
「くーっくっく。すべての動物はすべからく下等!!我輩に制御された初めて秩序が生まれるのだ!!」
「なんて横暴な!!久しぶりに悪役っぽい怪人を見たわ!!絶対に許さない、クリスタルアブソリュートで葬り去ってやる」
「当たるかそんなもの。お前にも教育が必要なようだな。ふふ、そうだなお前は犬がいいか?それとも鶏にでもしてやろうか……きめたぞ!!ワイルドコーリング!!」
「くっ、そんな攻撃は私には効かないんだワン、ご主人様!!」
「くくく、そうかそうか。まあ、それなら仕方ないな。だが、犬が服を着ているのはよくない。脱げ!!」
「わんわん、素っ裸になったわん。わぅん、ご主人様から良い匂いがするワン」
「そうだろう、これが貴様に今から種付けをするのだ。そして俺は名実ともに貴様の主人になる」
「くぅん、種付け!!子供欲しいワン!!早く早くご主人様、私の雌穴使って欲しいワン!!」
「そら、尻を上げろ!!いくぞっ」
「くわぁぁぁぁん♥ご主人様の雄っ!!きもちいいっきもちいいワンっ♥種付け、種付けしてぇェェ。あなたの子供が欲しいワン!!わぉぉぉぉぉん♥」

ディアクリスタル 即落二コマ 乳牛

「お前だな、最近女性を巨乳化させて母乳を絞っているのは!!」
「うもー、嫌だわ。そういう一方的なものの味方って視野を狭めるわよ。私は貧乳の女の子たちを助けた上げたの。まあ、あなたには必要なさそうだけど」
「それは変身前に言って欲しかったっっっっ!!だがもう変身したからには容赦しない。クリスタルの輝きの前に沈むがいい!!」
「うもー、その程度の攻撃が聞くと思って?爆乳ガード!!」
「でかい重たい柔らかい!!私のパンチが効かないなんて……」
「もー怒ったわ。あなたは超乳乳牛化してお仕置きしてあげるんだから。ミルキービーム!!」
「うわ、母乳が!?くぁ……体がベトベトに……そして、体が暑い……」
「ふふ、ろ過前の原液ミルクはキクわよ……」
「あっ、おっぱいが……んくぅっぅぅぅぅぅん、お、おおきくっ!?あ、むぁ。んぁぁぁぁとまらないぃぃぃぃ、おっぱい大きくなるの止まらないのぉぉぉぉ」
「まあ、おっぱいの重さで動けなくなるくらいまでは育ってもらおうかしら……」
「……あふぁ……おっぱい……おっきくなって……んふ……もう、動けないのぉ……」
「もー、いいかな。それじゃあ搾乳機でこのタンクがいっぱいになるまで絞ってやる」
「あ、あふ……いや、やめて……大きくなった乳首に……あひ、勢いすごい……あ、すわ、すわれっへあぁぁぁぁぁん搾乳勢い強すぎルゥゥゥ!!んぐぃもちいいのぉぉぉぉ♥んぬふぅぅぅぅんあひやぁぁぁん乳首引っ張られてミルク出して絶頂シュルゥゥゥ♥あっひぃぃやぁぁあむぁん♥あひ、私、私もう牝牛になっちゃってるのぉぉぉぉぉ。みるくしぼってへぇぇぇぇぇこれからもう私は超乳ミルクタンククリスタルなのぉぉぉ♥」

ディアクリスタル 即落二コマ アイスクリーム

「あなたね!!最近アイスクリームを配って子供たちのお腹を下させている怪人は」
「クリーム、わざとではないのよ。ただ私は皆にアイスを好きになって欲しいだけなの」
「なるほど、でも冬にはさすがに自重してほしいわ!!とりあえずクリスタルの輝きの前に溶かしてあげる。クリスタルナックル!!」
「あらまぁ、そんな事されても私の体アイスクリームだから効かないのだけど」
「な!?しまった、そんな罠が!?」
「あなたが勝手にかかったのよ、まあいいわ。あなたもアイスのとりこにしてあげる。クリームフラッペブリザード!!」
「なっ!?さては私のお腹を下させるつもりね……ちょっと、そろそろ止めないとアイスに埋もれてしまいそうなんだけど」
「あなたはアイスに埋もれてアイスになるのよ」
「うぶっ、もう……口まで……いや、アイスになんてなりたく……」
「ふふ、いい感じにクリームまみれね。さあ、出ておいで、アナタハこれからアイスを広めるアイスゴーレムよ」
「クリーム!!アイスクリースタルです……ご命令を」
「アイスを配ってきなさい。なくなったらあなたが食べられるのよ」
「クリーム!!」

ディアクリスタル 即落二コマ トーテム化

「あなたね、最近至る所にトーテムポールを立てて街の景観を破壊している怪人は!!ついでに誘拐とか行っていたら自首しなさい!!」
「トーテムポールはマヨケデース。悪イコトジャナイデース。でも誘拐はしてマース」
「許可もなく立てたら犯罪なのよ!!そして誘拐は言うまでもなく犯罪よ!!そこに直りなさい、クリスタルの輝きの前に成敗してやる!!」
「オーゥ、輝かしいけど私にとっては悪魔デース。マヨケガイリマース」
「って、その娘たちは融解されたお嬢様たち……くっ、人質に使うつもりね……」
「イイエ、マヨケニシマース。彼女たちが私のトーテムニナルノデース」
「え、っちょ……あ、ああ!?可愛らしいお嬢様たちがその面影を残したまま合体してトーテムポールに!?」
「イエース、これで魔ニハ負けマセーン。えいっ、オマエモトーテムにしまーす。これで魔を克服スルノデース」
「なっ!?クリスタルデビルアッパー!!効かない!?」
「悪魔滅ぶベーシ」
「あ、ソンナ、私に触らないで……あ、体が……動かなく……ナッ……テ」
「オーウ、いいトーテムデース。このトーテムの上に乗せて完成でーす。でもこの街には悪魔がマダイッパイデース。タクサントーテムタテマース」

ディアクリスタル 即堕ち二コマ トランプ怪人

「お前だな、最近イカサマポーカーを仕掛けてはたくさんのお金を巻き上げているという怪人は」
「カカカ、そんなことは知らぬ。ギャンブルは嫌いでな」
「嘘おっしゃい。いかにもトランプっぽい見た目をしていて言い逃れできるだなんて思わないことね。さあ、さっさとトランプを出しなさい。壁の向こうをすべて見透かすクリスタルアイの前ではいかなるイカサマも無効だということを教えてあげるわ」
「ポーカーなんてはじめからする気はないがな。しかしその目を試してみようこのカードどうかな」
「それは……赤のジョーカーね!!ふふ、、もちろん見えているんだから」
「ならこれはどうかな。カードシュート!!」
「あいたぁ!?あ、頭に刺さった!?そんな、こんなのポーカーではないわ!!」
「カカカ、最初からそう言っているだろうに……ふふ、私は非力でね。世界征服をするために都合のいい軍隊が欲しかったのだ。そう、トランプのように」
「あ、あがっぁぁ……なに、カラダ、ガ……」
「ディアクリスタル、お前には黒のジョーカーである私のつがいになってもらおうか。さあ、生まれ変われジョーカークリスタル!!」
「キ……キキキ……おはようございます、あなた。さあ、これから二人で手をとりあって世界征服に励むとしましょう」

ディアクリスタル 即落二コマ キス堕ち

「あなたね、最近乙女のファーストキスを奪っていくという恐ろしい怪人は」
「あら、私は乙女たちに夢と快楽を与えているだけよ」
「純血のように守ってきた乙女の唇を奪うとは許せん行為……クリスタルの輝きの前に沈むがいい!!くらえ、クリスタルスカイハイ!!」
「あらこわい、ひらりと避けて……ところであなたキスしたことあるの?」
「ば、バカにするなよ!!私にだって好きな相手の一人や二人」
「あら、ファーストいただけないのは残念だけど、いただきます。んちゅー」
「んむっ!?や、やめっ……」
「ンヂュルルルルッル!!ンジュッポ……んぶちうぅっぅぅぅぅぅぅぅ!!」
「あむひぃいいぃぃいいん♥あっひゃぁぁぁ♥あへぇっ、あへぇあっ♥キスでイクっ、キスセックスで絶頂しちゃうのぉぉぉ♥唇バージン奪われちゃっタァァァン♥」
「んぺろぉ♥あら、やっぱり初めてじゃない、初なレモンの味がするわよ。ふふ、どうせだからここだけで絶頂できるように口マンコ調教してあげる。もちろん私の口でたっぷりねっとりとね」
「あはひぃぃぃ♥たっぷりとキスラヴしてくださぃぃ♥」
プロフィール

ヤドカリ

Author:ヤドカリ
基本的に要らんことをつらつらと書いてます
エロとか変脳とか悪堕ちとか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。