FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンツな日々

「うふふ、今日もいい下着がたくさん手に入ったわ」

肉食系ファッション怪人レジーナの侵略は、日夜着々と進んでいた。
彼女は今やワルサー軍団一の力を持った怪人となっている。
その力の源になっているのは、彼女の股間に輝くパンツクリスタルだ。
以前の戦い以来レジーナのパンツとなっているクリスタルが与える力が、レジーナに強大な力を与えていたのだ。
アジトに戻ったレジーナはおびただしい下着の山に倒れこんだ。
それらは今まで彼女が作ってきた下着たちで、そして彼女に飽きられて言った者たちだ。
彼女たちは今やベッドとしてレジーナの体を受け止めるという仕事に携わることになっている。
横になったレジーナは一息つくと指を高く上げて大きく鳴らした。
味と銃に響き渡るほどの音に答えるように、彼女の前に何人もの人影が現れ傅く。
誰も彼もが美女と行って差し支えない美貌の持ち主だというのに、その格好はブラ、パンツ、靴下などの下着をどれかひとつ身にまとっているだけだった。
彼女たちは、レジーナによって下着に変えられた人物たちだ。
下着兵、あるいはタオルと呼ばれる彼女たちの仕事は、レジーナに尽くすこと。
特に、レジーナの体をキレイにすることは彼女たちにとって最優先な事項でもある。
傅くタオルたちを見渡したレジーナは、今履いているパンツクリスタルを脱ぐとぽいっと投げた。
一瞬の光が走り、パンツクリスタルは下着兵パンツクリスタルに姿を変える。
パンツ一丁で顔を赤らめてレジーナに傅く姿からは、かつて正義のヒロインであったディアクリスタルの姿を想像することは難しい。

「クリスタル、今日のタオルはお前よ」

レジーナはつま先をクリスタルに向けて言った。
クリスタルはそれに満面の笑みを浮かべて頷くと、差し出されたつま先を口に含んだ。
肉食系であるレジーナは毎日ジムに通って体を鍛えている、その時には大量の汗を流すのだ。
クリスタルは先程までパンツとしてその汗や臭いを全身で受け止めていたので彼女の体からはむせ返るほどの雌汗臭がしていた。
そんな汗を書いた後だというのに、レジーナはワイルドなのでシャワーを浴びようとしない。
そのくせファッションにうるさいから汗によるベタつきを嫌うのだ。
下着兵、タオルたちの体はしっとりとしていてレジーナの体を拭くために改造されている。
彼女たちは自らの身体を使ってレジーナの体を拭くのだ。
クリスタルは舌で乳で尻で股で足で、レジーナの汗ばんだ体を拭き上げていく。
汗に濡れた足指の間も、臭いのこもる股の間や尻たぶの間、汗の貯まる乳の谷間や腋の下、全身余す所なく、自らの肢体を這わせるのだ。

「もういいわ」

体を拭き上げられたレジーナは手を振っていった。
それから股を広げてクリスタルを手招きする。
クリスタルは彼女の前に跪いて、招かれるままその股間へと顔を押し付けキスをした。
一瞬の光が走り、クリスタルは再びパンツとなって彼女の股間に輝く。
レジーナはクリスタルがパンツになったことを軽く確認するとその上から自らの股間をいじり始めた。
パンツ越しのオナニーだ。
それにより彼女の股間から溢れる恥ずかしい液体がパンツクリスタルに染み渡っていく。

「うふふ、かつての正義の味方が私の恥ずかしい染みパンになっちゃうわね」

今まで何度となく行って来たことだが、そのたびにレジーナはそう言って笑うのだ。
クリスタルにとっては、それこそが至福の瞬間である。
時にはレジーナが自らの股間に生やした一物をパンツ状態でパンツコキに使われた小tもあった、もちろんおびただしい精液はパンツクリスタルにたっぷりと染み込ませる。
彼女の証を身に染みこまされるたびに、クリスタルは途方も無い快楽を得、そしてそれとともに絶対的な忠誠を誓うのだ。

「あは、あははははは!!いいわ、クリスタル。あなたは何時までも私の股間で輝きなさい」

パンツクリスタルは、幸せそうに輝いた。



まさかの続き

ハッカー怪人VSディアクリスタル

「あなたね!!最近数々の企業や国をハッキングしている怪人は!!」

「あー、そうだよ。ちょっとまって、今ペンタゴン落としてるから」

「しかも、人々をさらってはウイルスに変えているですって!?その行い見逃すわけにはいかない!!クリスタルの輝きでフォーマットしてやる!!」

「うーん、どうにも。マウスパッドの調子がわるいなぁ……」

「ふふ、あなたは私をウイルスにしようとするのだろうが……今日の私はクリスタルワクチンを摂取しているのであなたのそんな攻撃は効かない。さあ、観念しろ!!」

「んー、そうだ。おねーさん、ちょっとマウスパッドになってよ。お願い」

「ふん、敵の願いなんて聞くわけ。って、ホープクリスタルが反応を!?」

「おねーさん自身はワクチンが効いていたみたいだけど。アーマーの方は手付かずだったみたいだね。脇が甘いよ。じゃ、私のマウスパッドになってね」

「しまった、クリスタルの輝きが……大きくなって……」

光が晴れると、そこにディアクリスタルの姿はなく代わりに彼女の上半身を型どったマウスパッドが落ちていた。

「あふん、クリスタルマウスパッドです。これからよろしくお願いします。マスター」

「……うん、キラキラしてて派手でいいマウスパッドだ。でも、ちょっと使いづらいなぁ。そうだ、もっと胸大きくなってよ。おっぱいマウスパッドって奴」

「了解、巨乳化します……完了。おっぱいマウスパッドになりました。やわらかシリコンおっぱいを休憩、オナニー等ご利用ください」

「うん、程よい大きさ。これならいいかな、あとでオナニーにも使ってあげるよ。さって、これなら効率もよくなるってもんだ。さて、どこを落とそうかな」

愛の伝道師怪人VSディアクリスタル

「あなたね!!最近巷で女の子たちを誑かしている妖しい宗教の教祖っていうのは!!」

「ラーブ♥誑かしているだなんて人聞きの悪い、私たち愛ラブ教団は世界を愛で満たすために日夜働いているのです♥」

「あなたのもとにいって帰らない娘たちも多くて、親御さん達が心配しているわ!!心のすきに漬け込む怪しい宗教め、クリスタルの輝きで成敗してやる!!」

「悲しいなぁ、みんな私を愛して付いてきてくれているのに、そんなことをいうだなんて♥わかった、君にも私の愛を受け取ってもらおう!!」

「む、何かするつもりね!?そうはいかないわ、クリスタルブレイズ!!って、なに!?ジャマをするのは誰?」

「ラーブ」

「ラーブ」

「あ、貴方達は行方不明になっていた娘たち!?どうしたの、目をハートにして……私は貴方達を助けに来たの、おねがいだから手を離して!!」

「ふふ、無理だよ♥彼女たちは愛という鎖につながれた私の奴隷、私の言葉しか聞こえないさ。さあ、君たち彼女のその無粋な服を脱がせておくれ。私たちの愛に、服は要らないよ♥」

「く、洗脳!?卑怯な……やめてっ、あなた達、スーツを脱がさないで。おねがいだから目を覚まして!!」

「おやおや、可愛らしいスジマンだね♥でも大丈夫。私のハートマークのラブチンポで貫かれれば君も立派な愛の奴隷♥そのスジマンも肉厚のラビアに生まれ変わるよ♥それじゃ、いくよ。ん、ちょっときついかな♥」

「んくっ、ヤメなさい。私は、あなたなんかに……っ!?いたっ!!こんなの気持ちよくもなにもラーブ♥あなたさまのラブチンポで愛に目覚めました♥もっと奥までずっぷしズボズボあなたの愛を叩きつけて♥」

「分かってくれたようだね、君も立派なハート目だ♥ふふ、足まで絡めてきて。かわいいなぁ、いいよ♥君の奥にたっぷりと昼も夜も私の愛を注いであげる。ラブアンドピースだ♥」

数日後

「ラーブ♥私の愛を注がれて気分はどうだい?」

「ラブアンドピース♥私の中にたっぷりの愛を注がれて私は目覚めました♥見てくださいこの肉厚ラビア♥よこにググっと広げておまんこでハートのマーク♥今日から私はラブクリスタル♥愛の伝道師♥」
プロフィール

ヤドカリ

Author:ヤドカリ
基本的に要らんことをつらつらと書いてます
エロとか変脳とか悪堕ちとか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。