FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェリオン危うし!? 脅威、スメリアン襲来

赤と青の戦士、エンジェリオンの前に表れた新たなる敵。
その名はスメリアン。
すべてを汚臭のそこに沈めてしまおうとする恐ろしい敵だ。
破廉恥な格好で汚臭を広げるスメリアン侵略兵を倒したエンジェリオンたちは、ついに敵のリーダーの前にたどり着いた。
むっちりとした美しいボディを全裸マントで惜しげも無く晒しだすスメリアンクイーンに二人はポーズを決め、指を突きつける。

「スメリアンクイーン!!お前たちの悪行、ここで終わりだ!!」

「あなたの放った侵略兵はすべて倒しました。おとなしく降参しなさい」

「くっくっく……おまえら、まさか侵略兵ごときが我らスメリアンの兵力の全てだなどと思っていたのか?それに、気がついていないようだな」

「な……何のことだ!?」

「そんな強がりが通じると思わないで!!」

「強がりなものか。アレらはその場で洗脳し調教し作り上げた即興の兵に過ぎぬ。その多くは、お前らが所属していた学園……たしか南之園学園といったかな、の生徒たちだよ」

「なん……だと……」

「そういえば……最近休みが多かったのって……まさか……」

「くくく、今頃気がついたのか?そうさな、中には我が手ずから調教してやったものもいたぞ。名をなんと言ったか……確か、陸上部とかいう集まりに所属していて……くくっ、お前にたいそうなついておったのだろうな。藤宮リオよ、捕まって堕ちるまでのほんの僅かな間、お前の名前をずっと叫んでおったわ……良い足裏臭がする娘だったぞ」

「まさか……みっちゃんが休んでいたのって……」

「くく、そうだ。確か、みなみとかいう名前……」

思い出したとスメリアンクイーンがこぼした名前に、エンジェリオンは勢い良く反応した。

「みっちゃんに、何をしたァァァァ!!」

エンジェリックストーンの力を借りて炎をまとった拳がクイーンにせまる。
しかしクイーンはその攻撃を容易く避けると、笑うような声色で問いかけた。

「知りたいか?」

「うおぉぉぉぉぉ!!エンジェリックバースト!!」

炎のきらめきを放つエンジェリオンを軽くいなしながら、クイーンは言葉を続ける。

「あの娘は非常に良い足をしていた、鍛えておったのだな。ハリつやよく健康的な足。そして、鼻の奥を突くような足裏臭。ねっとりとした汗が特徴的だったぞ。ふふ、だから我はなアヤツの足を鍛えてやったのよ。我らがスメリアンに相応ようにな」

「ルビー、焦っちゃダメ。怒らせるのがあいつの目的よ!!」

「サファイア……だめだ、ボクは……あいつを許せない!!」

「足裏をねっとりとマッサージしてな。スメリアンローションをたっぷりと塗って、それを刷り込むように……それからスメリアンの足裏臭を嗅がせその虜に……たっぷりとマンカスクリームを塗って化粧してやって……そして、立派なスメリアン侵略兵になった」

「!!」

「さて、お前らが倒した中に居たかな?」

「お……うぉおおおおおおおお!!スメリアンクイィィィィィィン!!」

怒りが頂点に達し、全身に炎をまとったエンジェリオンがスメリアんクイーンに突貫する。
回避不可能な速度で撃たれたその一撃を、クイーンはあっさりと受け止める。
そして。

「ふふ、じゃじゃ馬め。可愛いぞ。貴様も我の虜になるがいい」

大きく腕を上げ、腋を晒した。
その瞬間、圧倒的な汚臭が溢れだしエンジェリオンルビーを包み込む。

「ルビー!!」

助けにはいろうとしたサファイアの前に、幾つかの影が姿を表した。
目を隠しながらも鼻と口だけを出した前頭マスクを身につけ、局部を出したラバースーツを身にまとったその姿は。

「スメリアン侵略兵!?」

彼女たちが倒したはずの敵だった。

「くっ……」

両手にエンジェリックストーンの力を込める。
しかし、それはルビーによって止められた。

「だめ、だめだよサファイア。その娘達は、私たちの友達かもしれないんだから」

スメリアンクイーンの攻撃に膝をつきながら、彼女はサファイアにそういった。
だんだんと力が抜けていく、頭がぼーっとしていく。
エンジェリオンスーツがところどころ溶け、ヘルメットは消えた。
力は徐々になくなっていく。
脳を汚臭に犯されながら、彼女はサファイアに叫ぶ。

「おねがい……その子達を……みっちゃんを……」

そこまでいってエンジェリオンルビーはがくりと肩を落として、動きを止めた。

「ルビー!!」

その叫びに対しての答えはない。
ただ、ゆっくりとルビーが顔を上げた。
そして。

「ん……ふぁ……」

と、甘ったるい声を上げたのだ。
サファイアの位置からは見えないので気が付かなかったが、ルビーはクイーンの攻撃を受けた直後から己の股間に手を当て自慰を始めていたのだ。
サファイアと話をしながらもそれは無意識に続き……

「ん……ふ……臭い……ん、臭いよぉ」

すんすんと鼻を鳴らしながらスメリアンクイーンの放った汚臭を鼻に取り入れる。
脳が蕩けそうになるほどの汚臭は、同時に何故か変な気分にさせるのだ。
股間に手を当てて数度動かしてみると、面白いほどに気持ちが良くなった。
あまり性の知識がないリオは、自慰というのもほとんど経験がなかった。
それが、外部からの要因により強引に開花されていく。

「あっひ……くさいにおい、臭いのに、いい匂い。ん、ふ……ふあぁぁぁぁん♥」

スメリアンの、しかもそのクイーンが放った腋スメルは、リオという純朴な少女一人を性欲の汚泥に引きずり込むには十分すぎるほどの威力を持っていた。
よだれを垂らし、涙を流しながらリオは臭いを求め鼻を鳴らし自慰を続ける。

「んっふ、ひあ……もっと、モット気持ちよくなりたいの……」

もはや自慰の刺激だけでは足らなくなったリオは、もっと気持ちいい臭いを求め顔を上げた。
目の前には、笑みを浮かべて立つスメリアンクイーンの姿がある。

「よかろう、リオ……キスをせい」

大股を広げてリオの前に立ったクイーンは、両手で己の股間を広げた。
それだけで気絶しそうな臭いが周囲に充満する。
その匂いはリオを直撃し……壊した。
スメリアンクイーンの直の臭い、それもなかなか使われることないおまんこ臭。
耐えられるものではなかったのだ。

「んっひゅぅぅぅぅん♥くっしゃいのぉぉぉ♥」

蕩けた声を上げたリオは犬のように鼻を鳴らしてクイーンの股に近寄ると、顔を埋めてキスをした。

「ンムチュルルルルルルルゥゥン♥ンジュップンロップレロレロリィン♥」

舌を奥までつきいれ、そこに溜まっていたマンカスをたっぷりと顔で受け止めながらリオは音を立ててスメリアンクイーンにディープキスをする。
もちろん自慰の手は止まらない。
くちづけをしながら、己の股間を激しくこすり続ける。

「んふ、かわいいやつよ……お前はおっぱい臭が良いかと思っておったが……ふふ、お前は臭まんこがお似合いじゃな。たっぷりのマンカスが出るむっちりなモリマンに調教してやろうぞ」

「ラーブスメル、ラーブマンカス♥」

クイーンの言葉にリオは笑顔で答えた。
クイーンはぐいっと力を込めて、リオの顔にまたがっていく。

「あひゃぁん♥クイーン様のマンカスがお口に入ってオイシィいイイ。もっとくしゃくもっと気持ちよくぅぅ♥」



リオがスメリアンクイーンの魔の手にかかっているさなか、サファイアとて手をこまねいていたわけではない。

「お願い、あなた達。目を覚まして!!」

周囲から手を伸ばして掴もうとしてくるスメリアン侵略兵から逃れつつ、説得を試みていたのだ。
しかし、状況は芳しくない。
本当に言葉が通じているのかと思うほどに、反応がないのだ。
彼女は徐々に、壁へと追い詰められていった。

「くっ、仕方ない……」

気絶させるしかない、そう感じたサファイアは再び両手に力を込めた。
水のベールでおおった拳ならば、ダメージを与えつつも気絶だけに留めることができる。
エンジェリックストーンの力を借りてそれを実現したサファイアは、目の前にいる侵略兵を昏倒させようとして……手を止めた。
相手がふと妙な動きをとったのだ。
自分のマスクを脱ごうかとしているような動きに、訝しんで手を止める。
そして、マスクの下から表れた顔に、サファイアは息を呑んだ。

「先生……」

彼女の前に表れたのは、彼女の担任だったのだ。
いや、それは彼女にとってある種姉のような存在だ。
家柄も近く、幼い頃から遊んでもらった関係。
何度も面倒を見てもらって、学校でも世話になった相手。
その手が、伸びてきて……彼女の顔を覆うヘルメットに、触れた。

「あ、ヘルメットが」

その瞬間ヘルメットは音もなく消えてしまう。
動揺した彼女に、担任は手を伸ばし体を捕まえた。
そして、顔を近づけると……れろぉと音を立てるほどに唾液がタップリとなった舌でその鼻を舐め上げたのだ。

「ひぃっ、お願い。先生……お姉ちゃん!!」

はじめはその気色の悪さに悲鳴を上げたユリカだが、徐々にその唾液が異様な匂いを放っていることに気がつく。

「く、臭い……」

クラっとするほどの臭いにたじろいだ瞬間、周囲に居た侵略兵たちが飛びかかってきた。
侵略兵たちは立ち尽くすユリカにとりつくと、その体を舐めあげ始める。
両腋、両乳首、尻、股間、臍、そして鼻。
舌が付けられたところのスーツは溶け、地肌を晒していた。
そこをたっぷりの唾液が乗った舌でなめあげられるのだ。
しかも舐め上げられたところはどんどん敏感になってきていて、ユリカは上ずった声を上げることしかできなかった。

「んふぁ……や、やめ……」

ぴちゃぴちゃと水音だけが響く。
火照る体に冷たすぎるほどの唾液が彼女の体を撫で回した。
舐め上げられたところはジュクジュクと潤み、快楽を増していく。
体が作り替えられるような感覚にはじめは嫌悪しかなかったのだが。

「あ、ひ……ぁ、体中が、おまんこになっちゃったみたいなの……」

体全体で自慰をしているような感覚に陥るほど、彼女の体は作り変えられていた。
はじめは侵略兵をどかそうとしていた手の動きもいつしか抱きかかえるような、求めるような動きへと変わっている。
周囲から立ち上がる臭いも彼女の脳をとろけさせ始めていた。
彼女は徐々に、その体を侵略されていっていたのだ。

「あひは……くっしゃい臭い、気持ちい匂いなの……お姉ちゃんの臭い?」

光の消えた瞳で尋ねたサファイアに侵略兵たちは何も言わず頭をふった。
そして、ゆっくりと動きを止めるとそこから離れた。
快楽が逃げていく、そう悟った彼女は声を上げた。

「あ、ああ……お願い、行かないで。気持ちいいのも、臭いのも……」

しかし、侵略兵たちは戻らない。
一人残された彼女は、絶望に暮れ……なかった。
気がついたのだ、彼女を覆う臭いがなくなっていないことに。
そしてその匂いが、自分から立ち上っていることに。
侵略兵に舐め上げられた部分から、その匂いは立ち上っていたのだ。
鼻を近づけてみれば、間違いない、気絶しそうな臭いがそこから立ち上っている。

「あ……あひ♥」

彼女はそこに、臭い立ち上る臍孔に自らの手を当てた。
ぐちゅりと水音がして、異様な快感が体に走る。
それからゆっくりと、指を一本その穴に突き立てた。
ズブズブと沈み込むその指、もはや深さは、臍孔のそれではない。
だが、彼女が驚いたのはそこではなかった。
触るたび、穴をえぐるたびに体を駆け巡る快感にこそ驚き声を上げたのだ。

「おまんこぉぉぉ♥わらひのおへそ、おまんこになっちゃったのぉォォォ♥」

そう、それは確かに秘部が与える快楽に似ていた。
彼女は臍孔に指をつき立てながら、なめられた他の部位も触ってみた。

「あっひゃぁん♥全身おまんこぉぉぉ、私クッサイおまんこになっちゃったのォォォ」

どこもかしこも、かえってくる感触は本来有り得るそれではない。
自らの全身の匂いをかぎ、指でいじりながら絶頂を繰り返すユリカは、もはや壊れてしまっていたのだ。
そんな彼女のそばに、スメリアンクイーンが立った。

「くふ、よい臭穴便器となったではないか。スメリアンとしての適性はリオよりも低そうだと思っておったが。これは良い拾いものをした」

くつくつと笑った彼女は、己の股間を軽く弄り、そびえ立つ剛直を生やした。
異様な大きさと長さを誇るそれは、たっぷりとチンカスのたまった包茎チンポだ。

「さて、味見をしてやろう」

そう言うとクイーンは剛直をユリカの臍孔に押し込んだ。

「ああっふいぃいいいいん♥臍まんこ気持ちいいイィのぉぉおおお♥おちんぽ、おチンカスおいしいぃ♥」

「よい締め付け、よい臭いだ。くく、お前らも楽しめ」

クイーンの声に合わせて、周囲から新たなスメリアンが姿を現す。
誰も彼もがかつてヒロインと呼ばれた者たちで、股間には剛直を生やしていた。
そして、その剛直包茎ちんぽでユリカの全身を突き刺したのだ。

「むっふぉぉぉおおぉぉぉん♥」

もはや言葉にならない強制を上げるユリカに、スメリアンたちは満足そうな声を上げ腰をふる。

「ふふ、好評のようだ……リオ、化粧をしてやれ」



リオは、変わり果てていた。
エンジェリオンスーツはそのまま局部を隠さぬすメリアンスーツに改造されていたのだが、股間だけはスメリアンスーツと違って隠されていなかった。
全身にフィットするスーツは容易くその下にあるものの形を浮かび上がらせる。
浮かび上がった彼女の股間は、むっちりと山のように盛り上がった土手肉の形をそのまま映し出していたのだ。

「さあリオ、いや。スメリアンナイト・エンジェリオン。お前の特盛特濃盛りマンカスでこの便器を化粧してやるのだ」

「はぁい、クイーン様」

そしてリオは、誰も手を付けていなかったユリカの顔に己の股間をむっちりと盛り上がったモリマンを覆い被せた。
顔をまるっと覆ってしまうほどのモリマンにユリカは嬌声を上げる。
熱さ、心地よさ、そして何よりスーツの奥に眠る汚臭の臭いに気がついたからだ。

「あっは、リオ様。スメリアンナイト・エンジェリオン様私の、臭穴便器ユリカの顔にお化粧をして下さいませ。鼻穴まんこにたっぷりとマンカスを詰めてくださいませぇぇぇ」

ユリカの懇願に頷いたリオは、モリマンをゆっくりと左右に広げ、そしてスーツを破るようにとり払った。
その瞬間、中に蓄えられていた大量のマンカスが零れ落ちるように溢れ出る。

「もっふぁ♥」

顔を完全に覆われ呼吸すら困難になるという状況で、ユリカは歓喜の声を上げた。
顔全体を覆うマンカスはもちろん鼻穴まんこにもたっぷりと入り込み彼女の体を汚臭と汚濁で満たしていく。

「んん、ユリカユリカァァァ♥マンカスどお?ボクのマンカスむっちりモリマン気持ちいい?」

リオもガクガクと腰を振ってユリカの顔に股間を擦りつけている。
むりむりと溢れてくるマンカスは、当分は収まりそうにない。

「くぁあっはっはっは、いい光景だ。この瞬間が最高に心地よい、われに歯向かうヒロインどもが色情に満ちた顔で臭いに犯され腰をふる、この瞬間がな!!」

スメリアンクイーンはその光景に声を上げて笑った。
背後に立つスメリアンたち、かつてヒロインだった彼女たちも、このように汚臭に堕ちていったのだ。
かくしてまたひとつ、正義の心が汚臭にまみれ、穢れた。
スメリアンの進撃は止まらない。

なんてこった、スメリアンが昔にこんなことをしていたなんて

ぐじょり、と濡れた音が響いた。
気絶しそうなほどの臭いを伴うそれから、目を離すことができないでいた。

「くくく、どうした。ヒロイン……」

挑戦的なスメリアンクイーンの言葉が、魅惑に誘う言葉にしか聞こえない。
星の希望を背負ったヒロインはもはや、その汚らわしいはずの腋に心を囚われていたのだ。
愛脇魅惑臭(ラブチャーム)、人を魅了するクイーンの体臭の中でも特別なその臭いは、ヒロインの正義の心すら容易くねじ曲げ融解させる。
鼻をひくひく鳴らし、犬のように舌をだらし無く出したヒロインの姿はもはや、希望ではありえなかった。

「いいんだぞ?」

見せつけるように、彼女は己の腋を空いた手でいじってみせる。
それだけで湿気が増し水音と共にムアっと臭いが広がった。
もはやそれに、ヒロインが耐えることなど不可能だ。
なりふり構わずかけ出したヒロインは、恥も外聞もなくクイーンの腋に抱きついた、しがみついた、しゃぶりついた。

「むひぃあぁぁぁぁ♥臭い臭い♥蕩ける、脳みそところてんになりゅぅぅぅ♥」

たったそれだけのことなのに、体を快楽の嵐が駆けまわる。
がくがくと体が震えもはや立つことすらおぼつかない、しかし、匂いを嗅ぎたいという執念が彼女を立たせた。

「いひぁ、ヤバい♥匂い臭すぎて壊れリュ♥」

いつ崩れ落ちるかともわからないヒロインを、クイーンは優しく包みこむ。
無論、腋で。
アームロックを仕掛けるようにがっちりとその顔を湧き出ホールドしたまま、彼女はヒロインノ体を優しくまさぐった。

「あぎゃ♥んひぐぅぅぅ♥」

体をびくびくと震わせ、だらしなく小便を漏らしながら、ヒロインは生まれ変わっていく。
その体が、衣装が、理念が、意識が、信念が、心が、精神が、その有り様が、その存在が。
気が狂うほどの悪臭に侵略され、犯し尽くされ、屈服され、加工されていくのだ。

「あひぃ♥んごぉぉぉぉん♥」

気高く誇り高いヒロインの鎧はもはや溶け、その身にまとうな淫らな、人を誘うための衣装に他ならない。
白く正常であった体は汚臭にくすみ、汚らわしい色合いとなった体からは卒倒するような体臭が立ち上がる。
丁寧に手入れされていた腋や局部も、もはやその面影はない。

「ぉおおお♥ラブ、ラブラブラーヴ♥」

かつては正義を謳った口は、敵を賞賛するための器官となり果てている。

「クイーン様ラヴ♥御身腋ラブ♥汚臭ラーヴ♥」

そして下腹部には、屈服を、クイーンの愛玩具であることを示す淫らなハートマークが刻まれた。

「ラーヴスメル♥」

変わり果てたスメリアンヒロインは、ひくひくと腰を誘うように動かした。
それだけでムアッとした匂いが広がる。
人間ではありえない程の体臭。
それは彼女が、完全に人類の敵になったことを教えていたのだった。



侵略宇宙人スメリアン、その手により広大な宇宙でまた一つ文明が汚臭に沈んだ。

スメリアン・ジュピター

「良い格好だな、ジュピター」

威厳のある声に、セーラージュピターは悔しそうに顔を上げた。
両手を頭の上で縛られ、爪先立ちで立たされるという格好で囚われている彼女には、それしかすることが出来なかったのだ。
世界を守るセーラー戦士を捕らえたのは、最近にいたるところで事件、いや侵略を開始している異星人だった。
スメリアンと名乗るその集団との戦いで、彼女は囚われてしまったのだ。

「ふん、お前たちよりはまともな格好さ。スメリアンクイーン」

彼女の言うとおり、スメリアン達は全員ろくでもない格好をしていた。
全裸であるほうがいっそ卑猥ではないのではないかと思えるほどに性器や局部、腋といった恥ずかしい部分を強調するようなスーツを身に纏っていたのだ。
特に目の前にいるスメリアンたちのリーダー、スメリアンクイーンにいたっては全裸マント、更に全身に卑猥なように映る紋章のような刺青を施しているという格好だ。

「何を言う、我らスメリアンの素晴らしさがわからんとは。こんなにも美しいのに嘆かわしい」

軽く首を振って、彼女はジュピターの顎を掴み軽く持ち上げた。

「だが、安心しろ。貴様もすぐに我がスメリアンの一員となる」

そういって軽く離れたクイーンは見せつけるように己の腋を持ち上げた。
美しい肢体、それを彩るかのようにそこには腋毛が生い茂り、離れてもなお鼻に届くような腋臭を漂わせている。

(来る……)

その格好に、ジュピターは身構えた。
何が来るかを、彼女は知っていたからだ。
スメリアンの武器、それは目を背けたくなるほど圧倒的な体臭。
それらは人の理性を溶かし、匂いのとりこにしてしまうのだ。
それによって人類は次々に奴らの尖兵であるスメリアンソルジャーに作り変えられてしまう。

(けど、わかっているなら防ぎ用もある)

凶悪な攻撃ではあるが、しかし行ってしまえばたかが臭い。
その攻撃方法さえ知っていれば、対処はたやすいはず。
彼女はそう考えたのだ。

(大丈夫、少し耐えればきっと皆が来てくれる)

そう信じて彼女は大きく息を吸い込んだ。

「ふふ、舐められたものだ。では受けてみよ。我がスイートスメルを!!」

クイーンの体、そこに刻まれた刺青が光りだす。
光は彼女の両脇に集まり、そこで輝きをましていった。
次の瞬間、輝きが弾けると同時彼女の体から黄色いガスがまるで爆発するかのように広がり部屋を満たした。
その黄色いガス、人が一度吸い込めばもはやスメリアンの虜になりスメリアンとなってしまう凶悪なガスなのだ。
ガスの充満した部屋で、ジュピターは息をこらえていた。
その体には、何の変化もない。

(思った通り。吸い込まなければ大丈夫だわ)

自らの試みが成功したことにほっと心のなかで安堵し。
そうしながらも気を緩めることなく息を止めておく。

(いつまでは持たない……みんな、なるべく早くね)

少しだけ生まれた余裕で、仲間のことを思うが……
少しずつその体に、変化が刻まれ始めていることに彼女はまだ気がついていなかった。
ガスが触れた服が、少しずつ溶け始めて居たのだ。
セーラーパワーで守られたジュピターのコスチュームが、少しずつ少しずつその姿を消していき彼女の柔肌を見せ始める。
そして表れた柔肌に絡みついたガスが、彼女の体に少しずつ紋様を刻み始める。
紋様は蛇のように彼女の肌の上を滑り、二の腕と腋に集まっていた。
備考に侵入したガスは彼女の体にゆっくりと入り込み、彼女の体を汚染し始めていた。
たとえ呼吸をしなくても、肌から粘膜から、ガスは彼女の体を侵略していくのだ。

(ん、臭いが、すこし……)

自らが大丈夫だと思った状況が、実はそうではないことに気がついたときには、もはやどうしようもなくなっていた。
もし彼女の目の前に姿見でもあったなら、すこしずつ変わっていく彼女自身の体が見れたことだろうに、残念ながらここにそれはなく。
それゆえに彼女は、己の変化を実感で持って知ることになるのだった。

「ふふ、良くなってきたな」

(何が!!)

笑みを浮かべて近づいてきたクイーンの言葉に、彼女は何も言わずに視線で反抗した。
頑張って耐えている、それは間違い無いと思っていたからだ。
しかし、そんな彼女の努力を無視するかのようにクイーンはむき出しになっているジュピターの腋をつつ、と指でなぞり上げた。

「っくぁ……!!」

その瞬間走った電撃に、思わず彼女は息を漏らしてしまう。
信じられないほどの快楽の電流が、腋をなぞられただけで彼女の体を駆け巡ったのだ。

(何、なにいまの!?)

全く理解できな状況に焦り、そうしながらもかろうじて呼吸を止めておくことに成功する。
クイーンはそんな彼女に笑みをこぼしながら数度同じようにそこをなぞり。
そしてその指を彼女の目の前に持ってきてみせた。
何かの液体で濡れた指をグチュグチュとこすりあわせ、開いて糸を引かせてみせる。

「これがなにか分かるか?」

(ワキ汗、じゃないよね)

「ふふ、お前の腋まんこ愛液だ」

そういって、クイーンはそれを見せつけるように口に含み、味わうように舐りとった。

「味も匂いも良好。私の目に狂いはなかったな」

(なに、何の話をしているの!!)

一体何を言い出したのか、それを理解することができない。
彼女は未だに男を知らぬ女学生なのだ。

「ジュピター、お前の腋はこれから性器になるんだよ」

そういって、今度は二の腕を軽くなぞった。
そこは既に、かつての彼女とは少しだけ変わっている。
絡みついた紋様が彼女の体を卑猥に変えていたからだ。
引き締まっていたはずの二の腕はたっぷりと肉を纏い肉感的な美しさをもちはじめ。
彼女の腋はからじゅっクリと汗ではない汁が滲み出し、蠱惑的に鮮やかな肉色でひくつき誘うようにうごめいていた。
その姿はもはや、熟れた女性器のようにしか見えない。

「もう、こちらの準備は整っているか」

事態についてこれていないジュピターをよそに、彼女は満足そうにうなずくと。

「では、体に教えるとしよう」

そういって彼女を捉えている鎖をゆっくりと下に下ろし始めたのだった。



ぺたりと座り込む程の高さにまで鎖を調整する。
先ほどの軽い愛撫だけですっかりと腰くだけになっていたジュピターは、そのまま促されるように地面に腰をつけてクイーンを見上げていた。

(何をするき……?)

先の一言が未だに理解できず、不安で彩られたジュピターの思考。
それに答えるように、クイーンは己の股間をまさぐって巨大な男性器をそそり立たせた。
頭まで皮をかぶった包茎チンポ、かすかに覗いた亀頭の回りにはこんもりとチンカスがこびりついている。

「言ったろう、お前の体に教えてやると」

まじまじと目の前で男性器を見せつけられて、視線を逸したジュピターに構うことなく。
クイーンは己のものをジュピターの腋にあてがった。

(何を……)

未だに事態を理解せぬジュピターに、クイーンは腰をずんと突き入れた。



どんなことをされても、どんなことになっても、彼女は耐えるつもりだった。
世界のために、皆のために、仲間のために。
けれど、けれどだ。

「んふぉおぉぉぉぉぉぉぉぉぉん♥」

彼女は今までそんな快楽を、電撃のように体中を駆け巡りしびれさせるその快楽をしらなかった。
いや、そもそもそれは人間では感じることのできないほどの快楽であったから。
それは仕方なのないことであったのではあるが。
性器へと改造された彼女の腋は、突き込まれたクイーンの性器を軽く形を変えて包み込むように受け止めていたのだ。
そしてそれが、彼女に快楽をもたらした。
いや、それだけではない。
大きく上げた嬌声は、即ちこの空間に満ち満ちたスイートスメルを取り込ませた。
ゆっくりと侵食されていた彼女の理性は、その瞬間跡形もなく消し飛び。

「ふひぃぃぃん♥くしゃしゅぎる臭いデ頭とろけルゥぅぅ♥もっともっと臭いが入ってくるのぉぉぉ」

その瞬間彼女は、セーラー戦士ではなくなった。
スメルに脳を侵された彼女はもはや、スメリアンでしかないのだ。
臭いの虜になってしまっているジュピターに、クイーンは尋ねた。

「腋処女喪失はどうだ?」

「腋処女♥腋バージン!!初めての腋セックス最高でしたぁぁぁ♥」

性感に蕩け、もはや何も考えられなくなった頭で彼女は答える。
彼女のぼんやりとした感覚の中で唯一、腋だけが彼女に鋭利な感覚を与えてくれたのだ。
もはやそれのみが彼女にとって、感じることができ、信じることが出来る感覚ですらあるようで。
いつの間にか戒めの解かれていた腕を下ろして、ぐっちゅりとクイーンのものを包み込むと、そのまま体を前後に揺すり始めたのだ。

「クイーン様♥ジュピターの腋まんこにお情けをください♥」

必死に褒美をねだるその様子に、クイーンは微笑んで。

「まったく、仕方が無いやつだなスメリアンジュピター」

自らのものを彼女に任せるようにつきだしたのだった。
むっちりとした腋肉でクイーンをはさんだジュピターは、ゆっくりと力を込めて奉仕をしはじめる。
はじめはゆっくり、しかしながらすぐにコツを掴んだようで、巧みに力加減を変えてクイーンの快楽を誘った。

「あ♥出るんですねクイーン様♥どうぞ、ジュピターの腋まんこ孕ませてください♥」

そして微細なその震えを感じ取ったジュピターは、大きく腋を上げてそこを見せつけるようにすると、そこでクイーンの熱い精液を受け止めたのだった。

「あっは♥熱い、気持ちイィィ♥腋まんこ絶頂気持よすぎルゥっぅぅぅ♥」

クイーンの精液を受けた彼女の意識は、まるでうまれ変わったかのようにクリアになった。
いや、彼女は今こそまさに生まれ変わったのだ。
彼女の体に腋を強調する卑猥なスーツがまとわりつき、淫猥な化粧が顔に施された。
額に残ったティアラはかろうじて彼女がジュピターであった面影を教えてはいるものの、もはやそれはジュピターではないのだ。

「気分はどうだ、スメリアンナイト・ジュピター」

「最高の気分です。クイーン様」

頭をたれて心底幸せそうにそういった。



スメリアンクイーンの玉座の前に沢山のスメリアンが並んでいる。
彼女たちは誰も彼もがクイーン直々に選び出された精鋭たちだ。
そこに、ジュピターも並んでいる。
クイーンはもちろんのこと、よりより腋まんことなるためにスメリアンたちのスメルちんぽをしごき続けて鍛え上げた腋まんこにはみっちりと腋毛が生い茂っていた。
それは常に腋愛液にぬれ、てらてらと誘うように光っている。
彼女は今や、スメリアン一の腋まんこの持ち主とまでなっていたのだ。

「ジュピター、わかっているな?」

クイーンの声に、彼女は頭を下げた。

「はい、必ずやセーラー戦士を我が腋まんこでスメリアンにしてみせます」

スメリアンとなった彼女に、もはやためらいはなかった。
プロフィール

ヤドカリ

Author:ヤドカリ
基本的に要らんことをつらつらと書いてます
エロとか変脳とか悪堕ちとか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。