FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスキートデモニオン

モスキートデモニオン
小柄な体を持ち高速移動を得意とする怪人。非力だが口から伸びる針から様々な効果を持つ毒液を注入、吸引する能力を持つ。それとは別に、彼女の針によって貫通されたものは戻らないという地味に恐ろしい能力を持っていたりする。



「くっそー、この……ちょこまかと!!」

ブンブンと拳を振り回すが、それは全てひらりと回避された。

「ブンブーン、そんなんじゃハエが止まるわー。はーい、お返しにチクっと」

「っつ!?またおっぱいに!!」

攻撃を危なげなく回避した怪人は、返す刀で口元の針をエンジェリオンの胸へと突き刺した。
ちゅっとキスをするようにその中に毒液を送り込む。

「ぶぶーん、そろそろ良い感じに大きくなってきたわね」

ニンマリと目を細める怪人に、エンジェリオンは恥ずかしそうに両手で胸を隠した。
数度となく毒液を注がれた胸肉は肥大し、今にもスーツをやぶかんとしているようだ。

「くっそー、早く元に戻させてやる!!」

怒りに任せた乱暴な一撃をたやすく回避した怪人は、大ぶりの隙を突いて再び針を付き出した。
違うことなく乳首に突き刺さった針から毒液を注がれたエンジェリオンは、ついに体が言うことを効かなくなって崩れ落ちるように動きを止めた。

「くそ……ユリカが、いてくれたら……」

毒液に朦朧とする頭でそう言うが、仕方がない元はと言えば突発的な戦闘だったのだ。
それに不覚を取ったのは彼女自身の責任なのだ。

「ぶぶーん。もっと腕を磨くことねぇ。それじゃあ」

といって座り込んだ彼女の胸部装甲を引き剥がすと、その中から毒液で大きく肥大したおっぱいがまろびでた。

「んんー、これなら期待できそう」

その光景に笑顔を浮かべた怪人は、ぷっくりと膨れ上がっている乳首をつまみ上げるとその先端乳腺に針を突き刺した。
ごく細い針は多少の抵抗をうけただけでその後はスムーズに彼女の体内に侵入していく。

「そ、そんな……ボクのおっぱいの中に!?」

驚く彼女に怪人はムフフと笑う。

「そうよぉ、あなたのニプルバージン頂いちゃった。でも、こんなので驚いてちゃダメ。これからもっともっと大きいのも受け入れるようになるんだから」

そう言いながら怪人は彼女の胸の中から何かを勢い良く吸い上げた。

「んひぃいぃいひはぁん♥」

その快楽に白目を剥く彼女を無視して怪人は声を上げる。

「ぶんぶーん、デーリシャース。あなたのミルク最高に美味しいわぁ」

「み、ミルク!?」

「そうよ、私の毒におっぱいを犯されたらミルクが出るようになっちゃうのおいしいミルクがね。個人差はあるんだけど、あなたのは極上よ。たかーく売れるわね」

うれしそうにそういった怪人は針をひきぬくと、乳首の先端を指でグリグリと刺激した。

「一度通っちゃったら後はもうむりよぉ。ヴァージン捧げたら戻れないの。薬で柔らかくなった乳首は指も、おちんぽも飲み込むようになっちゃうんだから」

そう言った途端、怪人の指はにゅるりと音を立てて彼女の乳首の中に入り込んだ。

「ね?それじゃこっちも貫通式してあげる」

「ひ、いや……おねがい、せめてそっちだけわっはぁぁぁぁん♥」

「んんー、いい感度。あなたやっぱりこういう穴の才能あるのね。それじゃあ、ここも」

怪人は快楽に目を回しながらミルクを吹き上げるエンジェリオンを巧みにひっくり返してマングリ返しの姿勢を取らせるとその股間、尿道に針を突き立てた。

「にょほほぉぉぉん♥おしっこの穴まで処女奪われちゃったのォォォ」

「あれれー、奥にいっぱいおしっこが残ってるじゃない。頂きまーす」

「んひぃぃぃ、おしっこ吸わないでェェェェ」

「おややぁ、さてはスポーツ少女ねあなた。おしっこがとっても濃厚でクッサイわぁ」

「いやっぁ、そんなこと、言わないでェェ……」

「いいことよー、私この味大好きだもの。ふふ、それじゃあこっちの穴も広げといてあげないとね」

「あひ、ひぐぅん。指いやぁ……」

「大丈夫よ、すぐにぶっといバイブに変えてあげるから。高くかってくれる人が見つかるまでじっくり調教してあげる」

本来異物を受け入れるはずのない穴で異物を受け入れされる彼女は己のこれからの人生を想像し、絶望にくれた。

エンジェリオン 即落二コマ ねばねば

「ネーバネバネバ……納豆のように粘ついて臭い納豆愛液(ネバーラブ)の味はどうだァ?エンジェリオン・サファイア」
「いひぃあ、くさいぃぃいいぃぃ。もげりゅぅぅう、鼻がもげておかしくなリュゥゥゥ」
「堪能してくれているようだな。ではそろそろ腋納豆汗(ネバーリキッド)で仕上げだ。ムレッムレの納豆腋で全身から納豆汗をだす納豆汗奴隷(ネバースレイブ)にしてやろう」
「むふぉぉぉぉぉ♥いひやぁぁぁ、リオ、逃げてぇ、きちゃだめぇぇぇぇ」
「ネーバネバネバ」



「見つけたぞ納豆汗怪人!!エンジェリオン・サファイアはどこだ!!」
「ネーバネバネバ、そのような奴は知らん」
「とぼける気か、それならぶっ倒して聞くまでだ!!」
「おお、恐ろしい。だが、まずは我が納豆汗奴隷を倒してもらわねばな」
「どんな敵があいてだって負けない……そんな、サファイア?」
「ネーバネバ」
「どうしたの、サファイア……私だ、エンジェリオン・ルビーだよ!!」
「くくく、無駄なことよ。こいつはもはや完全に私の納豆汗奴隷になった。お前の言葉なんて聞こえないわ」
「くっそー、それならお前をやっつけるだけだ!!くらえ、エンジェリックアッパー!!」
「脇が甘いぞエンジェリオン」
「なにィっ!?」
「未だ納豆汗奴隷、納豆口付(ネバーキス)だ」
「んぶっ!?っっぶふぁっ!!くっさ!!サファイアの口臭すぎる!!涎もベットベトで気持ち悪いよ!!」
「くくく、それはそうだ。納豆汗奴隷の体液はすべて私と同じ納豆汗。よく伸びるが上部でそして何よりすごく臭いぞ。ふふ、後ろから私も抱きついてやろう、全身からあふれる納豆汗でお前を絡めとってやる」
「あっふぁ、やめろ、臭い臭いんだからお前らぁぁぁぁ!!」
「それでは止めをさしてやれ納豆汗奴隷……いや、ネバリオン・サファイア。お前のむっちりしたケツで挟んで納豆腸液(ネバードリップ)を前進にまぶしてやるのだ」
「え、うそ……ねえ嘘よねサファイア。そんな所で私の顔っほぉぉぉん♥ネーバネバー♥ネッバネバでクッサイ腸液溢れてルゥぅぅ♥顔も頭もそれでコーティングされちゃうのぉぉぉ♥」
「くくく、これで私の手駒がまたひとつ増えたってわけだ。ネバリオンたちよ、私のために頑張っておくれよ」
「ネーバ♥」

ディアクリスタル 即落二コマ 痴女

「あなたね、近頃ちまたで噂の痴女怪人は」
「痴女?ふふ、そんなことはないわ。私はそう、私の役目を全うしているだけ」
「訳の解らんことを言うわね。そのコートに下に隠された卑猥なものをクリスタルの輝きで照らし出してくれる!!」
「あら、べつにあなたに照らしだされないでもこちらから出すわよ。ホラ」
「ちょっ!!いきなりコートをはだけって……大きい……」
「そうでしょう、これが私のビッグマグナム。ね、こんな素敵なものを持っていながら女を犯さないのは罪ってものよね」
「あ、ああ……うん、これは……そうだな……」
「ふふ、目が離せないみたいね。ほら、触ってもいいのよ」
「え、本当に……?うわ、ありがとう……」
「ふふ、そうよ、たっぷりと精液が詰まった金玉も持ち上げてみて?」
「あぁ、重い……ずっしりしてる」
「これがあなたを孕ませるの。想像しただけで嬉しいかしら」
「うん、こんなすごいものに私ははらまされるんだって思うだけで、もう我慢出来ない」
「だーめ、まずはたっぷりと匂いをかぐのよ。あなたの中に入るものの形も重さも長さも匂いも味も、全部覚えるの」
「んあ、舐めてもいいのか!?ああ、なんて幸せなんだろう……うくぁ、据えた匂いで胸いっぱいだ……」
「それじゃ、中に入れてあげる。またがりなさい」
「うん、うん!!ありがとう、ありがとう!!ん、んふぁぁぁぁん♥ああ、私の中に大きい物がっはぁぁぁぁあああん♥うれしい、こんなに嬉しいのは初めてだ!!」
「さあ、たっぷりと出すわよ。今日はもう一日離さないんだから、そしてあなたの子宮を精液漬けにしてあげる」
「うん、もう離さいないでくれ!!私の体から精液のニオイがするまでずっとあなたのものを受け止めていたい!!私にあなたの子供を産ませて!!」

シエル 即落二コマ 変脳

「くっ、まさかそんな。こんな、変態たちにっ!!」
「チクチーン。埋葬機関といえども大したことないわね」
「ポコチーン。ええ、我々の敵ではないわ」
「パークキン。ちょっと拍子抜けというものです」
「くっ、舐められたものですね。あなた達のような邪悪にこの私が屈するとでも思っているのか。絶対に負けませんからね!!」
「ほほう、それではまずは私から遊んであげる。チクチン精液をあびるのよ!!」
「チックチーン!!私のおっぱいからおちんちんが!?ど、どういうこと」
「ふふ、それはね、こうやってシコシコしたらすっごく気もいいのよぉ」
「あ、っちょ……やめ、やめてぇぇぇぇっっっつぁチクチーン!!」
「あら、くっさいチクチン精液が出たわね。どろっと濃いわ」
「んふぁ、こ、この程度ですか……」
「まだまだこんなものじゃないわよぉそれじゃあ次は私のクッサイのぶっかけてあげるわぁ」
「ぽっこちーん♥んあっ、うそっ、私におちんちんが生えっ!?ああ、うそ。なんで私の手が勝手におちんちんを!?」
「ふふ、体は正直ね。気持いいの覚えちゃったのね……いいわ、たっぷり出しなさい。私もオナニーしてあなたのおかずになってあげる!!」
「あっく……なんで私、変態のオナニー見ながらオナニーしてるの……くあっっ、ポコ、チン、ポコ、チン♥うぁはぁぁぁぁあああん♥精液、ポコチン精液でるぅぅ♥」
「くふふ、こっちも濃いねぇ。ぺろりとなめたら発情しそう」
「あっふぇぁ……あふ、も、もう終わりですよね……」
「ふふ、良い体になったではないですか。ムッチリムチムチの鍛えあげられた体にチクチンポコチン生えて素敵な姿。それでこそ我が美術館に加わるにふさわしい。さあ、パクキンラヴジュースを浴びナサイっ!!」
「いやあぁぁぁぁぁぁぁ……パークキン!!」
「いいわ、素敵なパクキンポーズね。これならいいオブジェになるわ♥そうね、タイトルは埋葬機関の変態構成員チクポコチンチンパクキンシエルね。ふふ、アルクの横に飾ってあげる」

ディアクリスタル 即落二コマ 犬化

「あなたね!!最近動物を飼い慣らして街を荒らしているのは……カラスがゴミ袋散らかしてほんとうに迷惑だったんだから」
「くーっくっく。すべての動物はすべからく下等!!我輩に制御された初めて秩序が生まれるのだ!!」
「なんて横暴な!!久しぶりに悪役っぽい怪人を見たわ!!絶対に許さない、クリスタルアブソリュートで葬り去ってやる」
「当たるかそんなもの。お前にも教育が必要なようだな。ふふ、そうだなお前は犬がいいか?それとも鶏にでもしてやろうか……きめたぞ!!ワイルドコーリング!!」
「くっ、そんな攻撃は私には効かないんだワン、ご主人様!!」
「くくく、そうかそうか。まあ、それなら仕方ないな。だが、犬が服を着ているのはよくない。脱げ!!」
「わんわん、素っ裸になったわん。わぅん、ご主人様から良い匂いがするワン」
「そうだろう、これが貴様に今から種付けをするのだ。そして俺は名実ともに貴様の主人になる」
「くぅん、種付け!!子供欲しいワン!!早く早くご主人様、私の雌穴使って欲しいワン!!」
「そら、尻を上げろ!!いくぞっ」
「くわぁぁぁぁん♥ご主人様の雄っ!!きもちいいっきもちいいワンっ♥種付け、種付けしてぇェェ。あなたの子供が欲しいワン!!わぉぉぉぉぉん♥」
プロフィール

ヤドカリ

Author:ヤドカリ
基本的に要らんことをつらつらと書いてます
エロとか変脳とか悪堕ちとか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。